山口町の景色 昔と今

昭和35年(1960年)頃の山口町です。山口町下山口2丁目のサンパレス六甲の辺り(当時は山でした)から撮影されたものです。写真をクリックすると大きくなります。
丸山は、富士山のような形をしていて「山口富士」とも呼ばれてました。
大ケヤキもあります。(写真の中央付近)
屋根より高く泳ぐ鯉のぼりも見えます。

昭和35年頃の山口町

昭和35年頃の山口町(2)

次の写真は、現在(平成29年)の山口町です。サンパレス六甲の屋上から撮影したものです。
山だったところが北六甲台地区・上山口東地区になり、元々の集落も茅葺き屋根の民家や田んぼから大きく様変わりしています。
阪神高速北神戸線の高架も見えます。

現在(平成29年)の山口町

現在(平成29年)の山口町(2)

現在(平成29年)の山口町〈3〉

 

こちらの記事も読んでみてください


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流