やまぐち歳時記

1月

1日
初詣 (場所:公智神社、丸山稲荷神社、城の垣内稲荷神社、明徳寺など)

大晦日から神社の境内やその付近でかがり火が焚かれ、お参りに来た人々が暖を取ります。直に火を見ることが少なくなった近頃、大きな丸太が燃える炎の暖かさに触れて新しい年を迎えるのも貴重な体験かもしれません。

明徳寺では本堂で檀家の世話役さんより甘酒が振舞われ、鐘撞堂にて参詣者が鐘をつくことができます。
しーんと静まり返った町並みに響き渡る鐘の音も趣があります。

公智神社

公智神社

丸山稲荷神社

丸山稲荷神社

明徳寺

明徳寺

 

 

 

 

 

第2日曜(成人の日)
トンド (場所:上山口の二箇所、地元の田んぼにて 午前7時~9時頃)
前日の朝から地元の自治会、婦人会、老人会、消防団などの有志によりトンドに使う木や竹、笹を近くの山から切り出し、所定の場所に組み立てます。トンドの根元には恵方の方角に点火用の入り口(穴)が作られます。

当日は、その年の年男にあたる人が入り口からトンドの中に入り点火します。炎はまっすぐにトンドのてっぺんに駆け上り、火の粉が早朝の冬の空に舞い上る様子は迫力満点。竹の先端に書初めを刺し炎にかざして空に舞い上げあると子供が上手に字が書けるようになるとの言い伝えにならって書初めをかざす親子、竹筒のとっくりでお神酒の燗をする人、その年の健康を祈りながら大きな炎を取り囲みひと時を過ごします。
また、トンドの炭火で鏡餅や小餅を焼き、清め祓いの灰を持って家路につきます。

山口の新春の風物詩 とんどとんど
◇こちらの記事もご覧ください”しめ縄づくりとお正月”

 

4月

さくら祭り
4月第1土曜日(こどもたちのボランティア精神の育成をも目的としており、春休み期間中に実施されます。)
場所:有馬川沿緑道公園、山口中学校西側付近 (午前11:30~午後3:00)
ふだんは川沿いを散歩する人がまばらに行き交う遊歩道一体が、この日ばかりはフリーマーケットの出店や各種団体による模擬店、地元中学生のパフォーマンスなどで賑わいを見せます。主催者のたゆまぬ努力の甲斐あって、年を重ねる毎に出店するひとも訪れるひとも増えて今では桜の季節にはなくてはならない催しとなっています。

さくら祭り さくら祭り さくら祭り さくら祭り

 

5月

5月ゴールデンウィーク最終日
城の垣内稲荷神社大祭(場所:上山口、阪神高速北神戸線西宮山口南出入口手前  午前11時から)
いつごろ、だれが、どんな理由で祀り始めたのかは不明ですが、この城跡に稲荷神社がありました。今でも上山口地区の護り神として大切に祀られています(上山口区誌より)

道路や建物に囲まれた田んぼのそばにひっそりとある小さな御社の参道には大きな幟が立てられ、うららかな春の日差しとそよ風が参拝者を迎えます。

城の垣内稲荷大祭城の垣内稲荷大祭

 

6月

第1又は第2土曜
ほたるウォークラリー(場所;有馬川沿い、午後7時半から )
町内の田んぼで田植えが終わりかける頃から有馬川では蛍が飛び始めます。蛍を大切に思う人たちに守られて、蛍の数は増え続け、今では遠方から訪れる人も多く、有馬温泉に宿泊している人たちも旅館の送迎バスに乗ってよく見に来られます。
飛び交う蛍がピークを迎えるのを見ながらウォークラリーの日は決められます。川沿いの各ポイントを回りながら親子で蛍を楽しむイベントに毎年たくさんの親子が参加しています。

ホタルホタル

 

8月

8月24日
地蔵盆(場所:銭塚地蔵 午後6時~8時頃)
銭塚地蔵尊にとって最も大きな行事で、子どもたちによる珍しい「詠歌おどり」が奉納されます。お化粧をし、着物を着た女の子による詠歌踊りはみものです。

銭塚地蔵 銭塚地蔵

盆踊り(場所:春道公園・・下山口会館北側 午後6時~10時頃)
自治会や地元有志を中心に屋台も出店され賑やかな夜になります。山口町伝統の「袖下踊り」による盆踊りは午後8時から始まり9時頃の休憩を一度はさみ10時頃まで続けられます。
下の写真は、山口町下山口の盆踊りの様子ですが、盆踊りは各地区で開催されます。

盆踊り
◇こちらの記事もご覧ください⇒”盆踊りなど夏のイベント”

◇こちらの記事もご覧ください⇒”千四百年の歴史 袖下踊り”

 

9月

9月第2日曜              ◇こちらの記事はご参考まで ⇒”丸山稲荷神社 八朔大祭”
八朔大祭(場所:丸山稲荷神社 午後1時~3時頃)
五穀豊穣を祈願する丸山稲荷神社の八朔大祭。恒例のこども相撲大会が盛大に執り行われます。

八朔大祭

<餅まきの風景>

子ども相撲

<子ども相撲大会>

 

10月

10月(体育の日の前日の日曜日)
秋祭り(場所:公智神社 午後)☆こちらもご覧ください⇒”山口町 秋祭りのだんじり”
上山口(大小だんじり)、下山口(小だんじり)、中野、金仙寺だんじりが、各地区を昼過ぎに出発し、金仙寺口に集まります。

その後、各家庭から御花を受け取りながら町内を巡行し、山口センター前付近の県道を駆け抜け、午後2時前後にお旅所に集合します。
一方、名来のかきだんじりは単独でお旅所に向かいます。神社を出発した神輿もお旅所に到着して、担ぎ手はしばらくここで休憩。
神事を行った後、神輿を先頭に下山口(大)、下山口(小)、上山口(大)、上山口(小)、金仙寺、中野、名来の順にお旅所を出発し、宮前通りを神社に向かって進んで行きます。
お旅所を出てすぐの曲がり角を駆け抜けるやり回しは迫力満点。
いよいよ祭り最大の見もの、宮入が始まります。(午後3時前後の約30分)各地区のだんじりは、力を蓄えて大鳥居から境内までの坂道を一気に駆け上がります。
宮入後は、名来(古文化保存会神楽部会)による獅子舞が奉納されます(4時過ぎまで)

下山口大だんじり

下山口大だんじり

下山口小だんじり

下山口小だんじり

上山口の大だんじり

上山口大だんじり

上山口の小だんじり

上山口小だんじり

 

名来のかきだんじり

名来のかきだんじり

中野だんじり

中野のだんじり

金仙寺のだんじり

金仙寺のだんじり

公智神社の神輿

公智神社の神輿

 

奉納神楽

奉納神楽


10月〜11月(2年毎に開催される)
西宮船坂ビエンナーレ(場所;船坂里山、元船坂小学校)
2009年のプロローグにつづいて、2010年10月の約1ヶ月間、元船坂小学校と里山に広がる畑を主会場として本格開催され、約20000人の来場がありました。
2012年にも規模を拡大して開催されました
☆こちらの記事もご覧ください      ⇒”西宮船坂ビエンナーレ2016”

<2010年の作品の一部をご紹介しましょう>

西宮船坂ビエンナーレ2010 作品例 西宮船坂ビエンナーレ2010 作品例 西宮船坂ビエンナーレ2010 作品例 西宮船坂ビエンナーレ2010 作品例 西宮船坂ビエンナーレ2010 

10月第4日曜日
船坂山王神社秋祭り(場所;船坂山王神社、10時―15時頃)
毎年11月23日に開催されてきましたが、平成25年から10月第4日曜日に変更されました。
船坂地区の主要行事のひとつです。
現在の祭りでは、神輿の巡幸があって賑やかですが、昭和30年頃までは神輿の巡行はなく、祭りと言えば、魚屋やおもちゃ屋などの出店がたくさん出て、ご馳走を食べるだけでした。現在の巡行に使っている神輿は、昭和56年に山王神社の宮を建て直した時に新調したもので、それまでは樽みこしでした。

朝10時に神社を出た神輿は午前に地域内を巡幸します。スポーツクラブ21、子ども会や青愛協による出店で賑わいます。午後になると神社境内で太鼓演奏奉納と氏子の抽選会があり3時頃に祭りは終わります。この間、神社境内は多くの氏子で賑わいます。数年前から始まった太鼓演奏は船坂小学校の児童によるものでしたが、平成22年の閉校に伴い子ども会の有志に代わりました。

山王神社の秋祭り

 

11月

11月中旬の日曜日
ふれあい広場(場所;元船坂小学校、10時から)
地区住民のためのイベントとして始まりましたが、今では地区外の人も参加する“収穫祭“として、年々賑わいが大きくなっています。地元産にこだわった野菜やジャムなどの加工食品の直売、模擬店、そば打ちやコンサートなど、たくさんの出し物で楽しいひと時を過ごすことができます。

ふれあい広場(収穫祭)

11月下旬
西宮山口アルキナーレ(2012年11月24日に第1回目を開催)
西宮山口の魅力をたくさんの人たちに知っていただき、来訪者とのふれあいを通じて地域の活性化を図ることを目的に開催されました。(主催は、山口町自治会連合会・西宮市)
約400名の参加者でにぎわいました。

◇こちらの記事もご参考まで⇒”西宮山口アルキナーレ2012”

Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流