上山口地区の檀尻(だんじり)紹介

上山口の大だんじり上山口の大だんじりは、今から約150年以上前、安政の時代に造られたと記録にあります。

“コンコンチキチン コンチキチン 今日はめでたい村の秋祭り”

『五穀豊穣』を願うとともに、地域の平和と繁栄の祈りを込めて、練り歩きます。

大だんじりは、その重量感と大きさによって、勇壮な姿を持っています。

一方の小だんじりは、その細やかさや品格のある造りによって、大だんじりに負けず劣らずの、勇壮な姿を見せてくれます。

運行の押し手・曳き手は、上山口自治会会員とその出身者、および平成16年に結成された上山口だんじり保存会の皆さんです。
また鉦・太鼓のお囃子は、9月下旬から本宮前日まで毎晩練習に励む、上山口の中学生・小学生です。

だんじり巡行経路マップはこちら⇒

 


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流