中野地区の檀尻(だんじり)紹介

中野だんじりのやりまわし中野は山口町最南端に位置し、隣は有馬温泉です。

祭り当日、だんじりは、お昼前に中野公会堂を出発し、公智神社まで片道4kmの道のりを”コンコンチキチン  コンチキチン”のだんじり囃子と”ソーレ オシタオシタ”の勇壮な掛け声で進んでいきます。

中野のだんじり囃子は中野若水蓮の皆さんです。
大太鼓、小太鼓、に合わせ、二つの鉦、釣鐘・皿鉦は他の地区にはない特徴で、だんじりが緩やかに進むときは優雅に、疾走するときは勇壮に打ち鳴らされます。

本宮では中野若水蓮のだんじり囃子をじっくりとお聴きください。
だんじり巡行経路マップはこちら⇒

 

こちらの記事も読んでみてください


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流