山王神社

祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、猿田彦命

祭事 3月;五穀豊穣記念祭、7月;夏祭り、11月;五穀豊穣感謝祭、

当神社は、天正年間(1578年頃)、別所長治の祈願所であったため織田信長軍の兵火にあい、社殿などことごとく焼失したと伝えられる。そのため、創始以来の事歴は詳らかでないが、石碑に由緒が刻まれている。

伝承によると、船坂に大岩信仰があり、船坂川上流にある巨岩に、六甲山の石の宝殿より、大己貴命、少彦名命、猿田彦命の3神が降臨し、鎮座しておられるのをここに招いたともいわれる。

山王神社正面

山王神社由緒    由緒拡大

 

灯篭と狛犬

灯篭はいくつか設置されているが、この灯篭は慶応元年と刻まれており、船坂ではもっと古い石造物と思われる。

灯篭       狛犬左 

 

本殿内

欄間は神使である動物が刻まれ、猿の木像神猿椅像は安置されている。

 神使 猿   神使 龍

木像神猿椅像

 

 

秋祭り(10月第四日曜)では、船坂の村を神輿が練り歩きます。

山王神社の神輿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事も読んでみてください


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流