国玉稲荷神社

国王大明神鳥居  国王大明神

山王神社の裏側(東側)を回り込むと木の鳥居のある山があります。
少し急な登り道だが、小さなお社がていねいに奉ってありますが、ここから見下ろす集落の風景も素敵です。

 

祭神 国玉大明神

明治34年(1901年)に農耕、殖産興業の神である稲荷大神(国玉大明神)を伏見稲荷大社より勧請し、現在地で奉祀する。平成13年に寒行の100年祭を行なう。
神殿は瓦葺きであったが、平成7年(1996年)の阪神大震災により破損したため、同年2月修復する。その際、銅板葺きにする。同時に参道の鳥居も新しくされた。

こちらの記事も読んでみてください


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流