有馬川の野鳥

西宮山口を縦断する、武庫川の支流・有馬川にはたくさんの野鳥が生息しています。葉が落ちた冬の時期は観察のチャンス!双眼鏡やカメラを片手にお散歩がてら野鳥を探してみませんか。

ここでは有馬川で実際に観察された鳥たちをご紹介します。なお、写真はすべて有馬川で撮影されたものです(クリックすると拡大します)。

カワセミ

カワセミ

【翡翠・川蝉】ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。全長17センチくらい。頭から背にかけて光沢のある青緑色、腹は栗色。くちばしは大きく、黒色で、雌はくちばしが赤。水に飛び込んで魚を捕って食べる。ユーラシアに分布。日本では水辺にみられ、留鳥。翡翠(ひすい)。しょうびん。そにどり。(大辞泉より)

 カワセミ

クサシギ

クサシギ【草鷸】チドリ目シギ科の鳥。全長24センチメートル内外で,背面は暗灰褐色,腹面は白。群をつくらず沼地や湿地にすむ。ユーラシア北部で繁殖し,冬は南に移る。日本には主に旅鳥として渡来するが,越冬するものもある。(大辞泉より)

 

 

カルガモ

カルガモ【軽鴨】カモ科の鳥。全長約60センチ。全体に黒褐色で、くちばしの先が黄色く、雌雄同色。東アジアに分布し、日本では留鳥で、川や池沼にすみ、都市公園でも繁殖している。なつがも。(大辞泉より)

 

 

カワウ

カワウ【河鵜・川鵜】ペリカン目ウ科の鳥。全長80センチくらい。全体に黒色。ユーラシア・アフリカ・北アメリカ東部に分布。日本にも留鳥として湖・川や海岸でみられ、潜水して魚を補食。木の上に巣を作り、集団で繁殖する。(大辞泉より)

 

 

 キセキレイ

キセキレイ【黄鶺鴒】スズメ目セキレイ科の鳥。全長約20センチ。背面は灰色、腹面が黄色で、白い眉斑がある。水辺をせわしく動き回って餌をとり、長い尾を上下に振る。日本では留鳥として主に渓流沿いにすむ。(大辞泉より)

 

 

アオサギ

アオサギ【青鷺】サギ科の鳥。全長約95センチ。背面が青灰色、目の後方と冠羽が黒い。水田や湖沼で魚・ザリガニ・カエルなどを食べ、木の上に巣をつくる。(大辞泉より)

 

コガモ

コガモ 【小鴨】カモ科の鳥。全長約38センチ、日本のカモ類では最小。雄は背が灰色がかった色で、顔は茶色、目の後方が緑色。雌は全体に淡褐色。冬鳥として各地の池沼に渡来するが、北日本では繁殖するものもある。たかぶがも。(大辞泉より)

 

 

 コサギ

コサギ 【小鷺】コウノトリ目サギ科の鳥。全長約60センチメートルで,白サギ類では小形。全身白色,くちばしは黒,後頭部に数本の長い飾り羽がある。足は黒色で長く,指は黄色。水辺にすみ,カエル・魚などを捕食する。本州以南で繁殖し,一部は南に渡って越冬する。(大辞泉より)

セグロセキレイ

セグロセキレイ【背黒鶺鴒】スズメ目セキレイ科の小鳥。全長20センチメートルほどで、尾が長く、盛んに上下に振る。頭・胸・背にかけて黒く、他は白色。顔に白い眉まゆ線がある。日本固有種。全国の河原に見られる。(大辞泉より)

 

 

ハクセキレイ

ハクセキレイ【白鶺鴒】セキレイ科の鳥。全長約20センチ。尾が長く黒色で、背面と胸は灰黒色。腹面は白く、顔も白いが、過眼線がある。水辺などでみられ、尾を上下に振り、飛ぶときは波形を描いて飛ぶ。本州中部以北で繁殖し、冬季には暖地に移動。(大辞泉より)

アオジ

アオジ【青鵐】ホオジロ科の鳥。全長16センチくらい。背面は緑褐色で、腹面は黄色。北海道・本州の山地で繁殖し、冬季は平地に下りてくる。(大泉辞より)


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流