下山口地区の檀尻(だんじり)紹介

下山口には、大だんじりと小だんじりがあります。

下山口の大だんじり
大だんじりは、関西でも最大級の大きさを誇るだんじりで、加藤清正の虎退治を表現した勇壮な飾り幕に加えて、前幕・土呂幕の3枚の幕を張る構造が特徴となっています。
明治28年9月に造られ、毎年、秋祭りにどっしりとしたその雄姿を皆さんに披露しています。
地域の五穀豊穣を願い、力強い祭り囃子と押し手の掛け声で心を一つにし、見事なだんじり運行を行います。


秋祭り秋祭り

小だんじりは、若い押し手たちの気迫あふれるパワーで街中を練り歩き、そのきびきびとした運行は、毎年多くの人たちに元気と感動を与えています。

 

お囃子に乗って、声と気持ちが一つになった、一気呵成のだんじりの宮入りをぜひご覧ください。

だんじり巡行経路マップはこちら⇒

下山口のだんじりの詳細は下の各目次をクリックしてご覧下さい。

下山口地区のだんじりの由来

だんじりの各部の名称

だんじりの管理・準備

御幣製作

祭り囃子

写真館

宮本だんじり会の紹介

 


Share |

▲このページのトップへ


山口町郷土資料館 山口町の歴史

山口町のだんじり

西宮船坂ビエンナーレ2012

西宮山口町のおいしいお店

やまぐち異聞録

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流