山口町の年表

飛鳥時代
631年
舒明3年
舒明天皇、有馬温泉行幸(日本書紀)
638年
舒明10年
舒明天皇、有馬温泉行幸(日本書紀)
647年
大化3年
孝徳天皇、有馬温泉行幸(日本書紀)(約3ヶ月)
668
天地7年
行基誕生。後年、船坂の鯉塚伝説に登場
奈良時代
713年
和銅6年
摂津国風土記逸文に巧地山の記事が見える
平安 時代
814年
弘仁5年
久々智氏の名が見える(新撰姓氏録)
927年
延長5年
延喜式に公智神社の名が見える
931年
承平元年
春木郷の名が見える(倭名類聚鈔巻六)
1114年
永久5年
源大納言家の所領として山口庄の名が見える。(庄とは(1)「荘園」に同じ。(2)荘園廃止後も、荘園の名を受け継いだ土地などの呼び名。)
1191年
建久1年
仁西上人が蜘蛛に導かれ中野二本松への伝説。有馬温泉の復興
南北朝時代
1335年
建武2年
後醍醐帝、山口庄を四天王寺に寄進される
1352年
正平7年
後村上天皇、久智庄を小山五郎に与える
1383年
弘和3年
船坂城を居城とした赤松孫四郎祐春が播州清水寺で自害
室町時代
1392年
元中9年
南北朝合一
1450年
宝徳2年
船坂という地名が見える(草根集)
1461年
寛正2年
善照寺開かれるという
1477年
文明9年
明徳寺は、これ以前の開創か?(蓮如上人自筆の六字名号が伝わっている。)
1483年
文明15年
蓮如上人船坂を過ぎ有馬温泉入湯
1541年
天文10年
光明寺開かれるという
1550年
天文19年
山口五郎左衛門時角、このころ山口の地を支配していたと言う
1564年
永禄7年
丸山城(山口城)滅亡
安土桃山時代
1573年
天正元年
足利幕府滅亡
1574年
天正2年
このころから山口に集落ができはじめたか
1582年
天正10年
山崎片家、三田城に移り有馬郡を支配すると言う
1582年
天正10年
本能寺の変
1585年
天正13年
秀吉関白となる
1594年
文禄3年
速水甲斐守によって名来・下山口・上山口・中野の各村、石川久五郎によって船坂村の検地が行われる
159年
文禄3年
秀吉が全国に検地を行う
江戸時代
1603年
慶長8年
徳川幕府開く
1620年
元和6年
有馬豊氏、筑後久留米に移動、有馬郡は幕府直轄領となる
1636年
寛永13年
受西寺、秀益によって中興されるという
1637年
寛永14年
島原の乱おこる
1653年
承応2年
船坂村と蔵人・鹿塩村との間に山論が起こり、船坂村側の勝訴となる
1657年
明暦3年
広田・中・西宮住民の船坂山林伐採について船坂村が尼崎藩に訴える
1662年
寛文2年
慈円、正明寺の住職となり寺を中興したという
1682年
天和2年
善空、西生寺を再興するという
1689年
元禄2年
偈碑「未徹居士自偈」(受西寺)
1690年
元禄3年
公智神社に山口庄兵衛尉正信が手水鉢を寄進
1707年
宝永4年
供養等「南無観世音菩薩」光明寺境内・全9基)
1714年
正徳4年
竹本義太夫没
1715年
正徳5年
石灯籠「奉寄進御神前」公智神社境内・4対八基のひとつ)
1716年
正徳6年
この頃、製紙業が始まる。貝原益軒「山口村上下両村あり、紙を漉く所なり」
1735年
享保20年
松平遠江守家来によって船坂川など土砂留普請が命ぜられる
1744年
延享元年
供養等「奉納西国三三所巡礼供養」(下山口墓地)
1746年
延享3年
名来・下山口村は田安領となり、そのほかの村は従来どおり幕府直轄領
1778年
安永7年
道標「春山道清信士」(名来2丁目121番地)
1785年
天明5年
道標「知空童女」(名来2丁目121番地)
1791年
寛政3年
供養等「西国巡礼供養塔」(山口町郷土資料館)
1814年
文化11年
供養等「奉遍禮西国霊場供養」(公智神社境内)
1818年
文政元年
船坂村と生瀬村との間に間道のことで争いが起こる
1830年
天保元年
伊勢神宮へのおかげ詣りで生瀬街道は大賑わい
1835年
天保6年
墓碑「竹本増太夫塚」(下山口墓地)
1836年
天保7年
墓碑(句碑)「宇滴宗圓墓」(名来字上平尻)
1838年
天保9年
生瀬村は船坂村から大平山を譲り受ける
1839年
天保10年
船坂村が清水谷の道幅を広げたため生瀬駅と争う
1840年
天保11年
下山口村有志が、丸山稲荷神社に伏見稲荷大明神の分霊を勧請して奉祝。敬神講(百味講)をつくった。
1844年
弘化元年
道標「左 ありま」金仙寺墓地(現・光明寺
1845年
弘化2年
このころ、畑山、高丸、名来の採鉱が行われた
1847年
弘化4年
墓碑「竹本多賀太夫塚」(名来字上平尻)
1851年
嘉永4年
墓碑「竹本加治太夫塚」(上山口2丁目7番地)
1866年
慶応2年
有馬川洪水
明治時代
1868年
明治元年
王政復古
1873年
明治6年
山口小学校発足
1873年
明治6年
善照寺に船坂(船本)小学校を開く
1878年
明治11年
船坂小学校校舎新築
1885年
明治18年
船坂に寒天の製造が始まる
1899年
明治32年
駐在所が初めて設置される
1901年
明治34年
山口小学校新築
1905年
明治38年
三田~有馬間にはじめてバス開通
1911年
明治44年
有馬川洪水
大正時代
1915年
大正4年
三田~有馬間に鉄道開通
1915年
大正4年
村立図書館及び巡回文庫をつくり、各地区を巡回
昭和時代
1934年
昭和9年
大日本国防婦人会山口分会結成
1938年
昭和13年
阪神大水害で大きな被害を受ける
1942年
昭和17年
太平洋戦争起こる
1943年
昭和18年
国鉄有馬線が国策により廃線となる。
1945年
昭和20年
終戦。風水害による田畑被害。
1947年
昭和22年
新制山口中学校発足
1951年
昭和26年
山口村が西宮市と合併
1974年
昭和49年
中国自動車道西宮北インターチエンジ完成
1978年
昭和53年
丸山ダムの完成(金仙寺湖)
1978年
昭和53年
阪神流通センター完成
平成時代
1989年
平成元年
北六甲台小学校の開校
1991年
平成3年
盤滝トンネル(西宮北有料道路)開通
1995年
平成7年
阪神・淡路大震災
2009年
平成21年
さくらやまなみバス が運行開始。西宮市山口センターが業務を開始。

リンク

舩坂新聞

西宮市山口地区社会福祉協議会 山口ボランティアセンター

西宮船坂ビエンナーレ2012

山口ホール

地域情報ポータルサイト西宮流